【自費出版本】シンデレラテクノロジー:セルフィーマシン編 2015年4月22日

book-cinderellatechnology-selfiemachine-eyecatch

「シンデレラテクノロジー」の概要をまとめた「本」を自費出版しました。3巻からなるシリーズであり、今回出版したのはその第1巻「セルフィーマシン編」です。

発行日: 2015年4月22日
価格:1,500円
購入:https://cinderellatechnology.stores.jp/#!/

概要:
シンデレラテクノロジーとは、女の子が「元の姿から加工し、公開して、新しいアイデンティティを作る技術」である。プリクラなどの「セルフィーマシン」、つけまつげ、カラーコンタクトレンズなどの「プラスチックコスメ」、SNSやブログなどの「ソーシャルステージ」など、日本においてこの分野はとてもに発達している。こうした女の子のために発達したこの技術が、未来誰もがバーチャルアイデンティを持つ社会にとって有効になる、というのが本書の趣旨である。

目次:
序章 シンデレラテクノロジーとは
アイデンティティの危惧
女の子から広がるコミュニケーション技術
シンデレラテクノロジーの基本構造
シンデレラテクノロジーの3分野

1章 「盛る」というものさし
女の子たちの「盛る」文化
「盛る」ことの「はかなさ」
「盛る」ことの「遊び心」
「高エネルギー」盛りから「低エネルギー」盛りへ
「固定的」盛りから「変動的」盛りへ
盛る・盛れてる・盛れる
「盛れすぎ」の坂
技術発展と「盛れる」の関係
「盛れる」技術の未来
「盛れてる顔」と「美人顔」

2章 プリクラとは何か
プリクラとは
プリクラの「加工する」機能の進化
プリクラの「公開する」機能の進化
日本の美人画の歴史

3章 プリクラ技術の創成期
パナソニックによる先端的な変身装置
画像通信の研究開発
ゲームメーカーとの協働
長くは続かなかった・・・
オムロンによる顔認識をそなえたアミューズメントマシン
オムロン中央研究所の新規事業
カーネギーメロン大学との共同研究

4章 プリクラ誕生
販売部門で開発した機械
『プリント倶楽部』の技術
最初は売れなかった
爆発的普及のわけ
コンテンツ・プラットフォームとしてのプリクラ

5章 プリクラ技術の成熟期
顔認識技術をプリクラに活用
世界の『OKAO-Vision』誕生
フリューの転機
テックマッチメーカー
男性企画者から女性企画者へ
テックマッチメーカーの条件
プリクラでなくなったプリクラ
プリクラにおける革命の構造
大正時代のテックマッチメーカー

6章 セルフィーマシンの未来
中国のスマートフォン事情
中国における「盛れる」のものさし
未来の女心を予測する方法
未来の女心を操作する方法
アイデンティティの創造を支援する技術

付録 女心とテクノロジー


【学会発表】HCGシンポジウム2014

HCG-2014

電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム2014において、東京大学 情報理工学系研究科 相澤・山崎研究室で行っている、化粧の客観的評価に関する研究の内容を発表しました。

テーマ:化粧顔パーツ画像の特徴量抽出とクラスタリングの検討
著者:山本安里彩†1,久保友香†1,山崎俊彦†1,相澤清晴†1,稲垣涼子†2,(†1東京大学,†2フリュー株式会社)
発表者:山本安里彩
日時:2014年12月17日
場所:海峡メッセ下関


化粧の分析はこれまで、特定の人の視点で記述されたテキストの分析や、元の顔と合わさった状態での分析などしか、行われてきませんでした。本研究は、顔画像を用いて、化粧そのものの客観的評価を行うことを、目指しています。
画像を用いた化粧の客観的評価の手法は、”形式知”化されていないものの、化粧やプリクラの商品企画者であれば”経験知”としては持っているもの。本研究はプリクラメーカーのフリュー株式会社ガールズトレンド研究所所長の稲垣涼子氏にも参加いただいています。
WEB上に大量にアップロードされる女性の顔画像から、化粧の客観的分析をできるようになれば、流行の伝播の解明などもできるのではないかと考えています。
まだ始めたばかりの研究プロジェクト。今回はその第一段階の成果を、相澤・山崎研学部4年生の山本安里彩さんが発表しました。


【学会発表】第19回日本顔学会大会 2014年10月26日

kao-forum2

第19回日本顔学会大会(フォーラム顔学2014)において、フリュー株式会社ガールズトレンド研究所との共同研究の内容を発表しました。

テーマ:女性コミュニティにおける女性顔の魅力指標の研究−プリントシール機開発現場における経験知の分析をもとに−
著者:久保友香†1,稲垣涼子†2,新本祐一†2,相澤清晴†1(†1東京大学,†2フリュー株式会社)
日時:2014年10月26日
場所:昭和大学 旗の台キャンパス


 ガールズトレンド研究所は、プリントシール機のトップメーカーであるフリュー株式会社内の、女子高生・女子大生の「感性」からトレンドの調査・研究を行う研究機関です。共同研究では、女の子たちが目指す「盛れてる」顔と、それを支援する技術についての、科学的な解明を行っています。
 第19回日本顔学会大会の発表では、女の子たちが目指す「盛れてる」顔が、これまで心理学分野を中心に明らかにされてきた「魅力顔」とは異なることを発言し、議論を交わすことができました。


2013年の研究業績

mot-art-museum-130629

【学会発表】
久保友香、朏島一樹、山崎俊彦、相澤清晴、「等身大表示による衣服ログの着用追体験システムの構築」、エンターテインメントコンピューティングシンポジウム(EC2013)、34-C1、pp.629-631、2013年10月.

朏島一樹、久保友香、相澤清晴、山﨑俊彦、「衣服コーディネート追体験システムの提案と実装」、情報科学技術フォーラム(FIT2013)、K-007、2013年9月.


2012年の研究業績

research_001

【論文】
久保友香、「美人化装置としての『プリクラ』」、日本バーチャルリアリティ学会誌、Vol.17,No.2,2012年6月、 pp.90-94.
PDFファイル

【専門誌】
橋田朋子、上岡玲子、大谷智子、金ジョンヒョン、久保友香、ソンヨンア、中島 佐和子「女性視点のディジタルコンテンツデザイン」映像情報メディア学会誌、 vol.66、 no.2、 pp.97-101、2012年2月.

【著作物】
久保友香、「『浮世絵の非写実的表現に関する3次元幾何学的分析』研究報告」、太田記念美術館紀要「浮世絵研究」第2号、2012年3月.


2011年の研究業績

research_001

【論文】
岩舘祐一・相澤清晴・苗村健・広田光一・山崎眞見・及川道雄・小池崇文・片山美和・久富健介・池谷健佑・趙志鎬・久保友香・宇都木契、「インテグラル立体コンテンツ生成のための要素技術の研究」、映情学技報,vol.35,no.42,pp.1-4,2011年10月.

【学会発表】
岩舘祐一・相澤清晴・苗村健・広田光一・山崎眞見・及川道雄・小池崇文・片山美和・久富健介・池谷健佑・趙志鎬・久保友香・宇都木契、「インテグラル立体コンテンツ生成のための要素技術の研究」、映像情報メディア学会 立体映像技術研究会、2011年10月.
久保友香、広田光一、「歴史美人画のデフォルメ表現の三次元再構築プログラム」、第 16 回 日本顔学会大会、2011年9月.

【書籍】
久保友香、「浮世絵とアニメーション」、高木隆司他、『かたち機能デザイン事典』、丸善、2011年1月.
久保友香、「調理道具のかたち」、高木隆司他、『かたち機能デザイン事典』、丸善、2011年1月.
久保友香、「羊羹のかたち」、高木隆司他、『かたち機能デザイン事典』、丸善、2011年1月.

【専門誌】
橋田朋子、上岡玲子、大谷智子、金ジョンヒョン、久保友香、ソンヨンア、中島 佐和子「書評『かたちだけの愛』」、 日本バーチャルリアリティ学会誌、Vol.16、 No.4、pp.250-251、2011年12月.


2010年の研究業績

research_001

【学会発表】
Yuka Kubo, Hiroyuki Shindo, Koichi Hirota”The Orikao Method: 3D scene reconstruction from Japanese beauty portraits” ACM SIGGRAPH 2010 Posters, Jul 2010.


2009年の研究業績

research_001

【論文】
Yuka Kubo, Yasunori Baba “Two type of lead users in a model for the transfer of technology into households-The development and diffusion of induction heating cookery-” Synthesiology, Vol.2, No.3, Dec 2009.
久保友香・馬場靖憲、「2タイプのリード・ユーザーによる先端技術の家庭への導入モデルの提案―IH技術に対する調理システムの開発と普及―」、シンセオロジー、Vol.2、No.3、pp127-136、2009年9月.
久保友香・馬場靖憲、「アニメーション制作に関する日米比較:組織能力のCG技術導入への影響」、日本アニメーション研究、Vol.10、No.1A、pp.3-13、2009年3月.

【専門誌】
久保友香・趙捷・宇佐美貴徳・広田光一、「おめでとう船井ベストペーパー賞」、電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌、第14巻第1号、(2009).


2008年の研究業績

research_001

【受賞】
久保友香・趙捷・宇佐美貴徳・広田光一、「3DCGによる浮世絵構図法」、FIT2008(情報科学技術フォーラム)、船井ベストペーパー賞、2008年9月.

【論文】
久保友香、「浮世絵の左右二消失点構図の人物背景への応用性検討」、形の文化研究、Vol.4,No.1、pp.19-23,2008.
Yuka Kubo, Zhao Jie, Koichi Hirota “A Method for Transformation of 3D Space Into Ukiyo-e Composition” SIGGRAPH ASA 2008 Art Paper, Dec 2008.
久保友香・趙捷・宇佐美貴徳・広田光一、「3DCGによる浮世絵構図法」、情報科学技術フォーラム講演論文集 7(4), 61-64, 2008年9月.
Yuka Kubo, Zhao Jie, Takanori Usami, Koichi Hirota ”A Method for 3D Scene Reconstruction from Ukiyo-e” ACM SIGGRAPH 2008 Poster, Aug 2008.
Yuka Kubo, Zhao Jie, Takanori Usami, Koichi Hirota ”A Program for Transformation of 3D Space into Ukiyo-e Composition” ASIAGRAPH 2008 in Shanghai Sketch&Poster, June 2008.

【学会発表】
久保友香・馬場靖憲、「IH技術の導入による調理システムの進化-「両手にシリコンスパチュラを持って炒める調理法」の起源を中心に-、デザインシンポジウム2008、2008年11月.
久保友香・馬場靖憲、「IH技術導入による調理の進化―フォークとスパチュラ―」、日本調理科学会平成20年度大会、2008年8月.

【書籍】
久保友香、「浮世絵師のかち」、宮崎興二他、『日本のかたち百科』、丸善、2008年12月.

【専門誌】
久保友香、「浮世絵師の技にならう技術」OHM BULLETIN、Vol.177、オーム社、pp.6-7、2008年.


1 / 212

page top